太陽光発電の売電価格


太陽光発電の売電価格

自分のマイホームに太陽光発電の装置を取り付けると可能になるのが、この電力の売電です。
太陽光発電装置で家の電気以上の発電量があればそれを電力会社に売電できるのです。
私はこちらの売電も行いたいと考えていますのでこの電力会社が決めている売電価格については知っておいたほうがいいといくことになりますね。
それによってどのくらいの電力を発生できる太陽光発電装置を設置するのかの指標になりますからね。

まず住宅電力買取制度の詳細について紹介します。
平成21年(2009年)11月から開始された太陽光発電の買取制度では太陽光発電で発電した電気のうち、
「・自家消費されずに余分にあまった電力だけを、従来からの買い取り価格の(24円/kwh)の約2倍の価格で電力会社が買い取ってくれる。」
という制度になりました。

平成21年度に電力会社への契約申し込みを行った場合の売電価格は、10kw未満の場合では、住宅用が48円/kwhで、非住宅用が24円/kwhとなっています。(住宅用:住宅やマンション、非住宅用:ガソリンスタンドや工場や小売店舗を指します。)
ただし「ダブル発電」とうのがありその場合は、住宅用が39円/kwhで非住宅用が20円/kwhです。
ここで気になるのは「ダブル発電」とはなんぞやということですね。
このダブル発電とは、エコウィル(家庭用ガス発電機)やエネファーム(家庭用燃料電池)などの自家発電用の装置を併設している場合を指します。
この他にも蓄電池を接続している場合も含まれるそうです。
これによって、24円/kwhで電気を蓄電しておいて、48円/kwhでという売電価格で販売することを避けるためだと考えられます。
が蓄電池を接続ができないため、太陽光発電を夜間の非常用電源としては利用ができない。これはショックですね。ずっと貯めておけるものだとおもっていましたので。

この制度にはさらに規制があります。
この制度での売電価格での販売対象は余剰電力に限られており、発電事業目的で設置させたものだったり、500kwh以上の太陽光発電設備容量などは買取の対象外となるというものです。発電した分だけ買い取ってくれるわけではないのですね。残念です。

まとめると、10kwh未満なら住宅用48円/kwh、ダブル発電39円/kwh
10kwh以上500kwh未満なら住宅用24円/kwh、ダブル発電20円/kwh
500kwh以上は対象外
となります。
一番お得なのは10kwh未満で売電するのが一番お得と言うわけですね。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | 収入・確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。