太陽光発電は代替エネルギーとなりうるか


最近は東北大震災の影響で原子力に変わる代替エネルギーが注目をあびていますが、その中でも私たちの一番身近にあるのが「太陽光発電」です。

太陽光発電は自然のエネルギーを利用して発電するため非常に危険性の少ない発電方式であるといえますね。そのため身近な電卓や車、住宅や施設や工場のあらゆる場所で利用させています。

なぜ今太陽光発電が代替エネルギーとして注目を集めているかというと、再利用可能エネルギーの中では太陽光が一番最大であり、これに続き風力が続くのですが、太陽エネルギーは人間が消費するエネルギーに対して約4000倍のエネルギーを地球にもたらしています。となるとそのエネルギーを利用しないのはもったいないですよね。このような理由から太陽光発電は代替エネルギーとして注目される最大の理由ですね。

これらの再利用可能なエネルギーに共通していることは、環境的な負荷がなく非常にクリーンなエネルギーであることです。

このような背景から世界で太陽光発電は代替エネルギーとしても注目を浴びています。
日本でも太陽光発電の実用化をどんどん進めていますし、導入のために電力会社がこの太陽光発電で発電した電力を買い取りする仕組みも整備されつつあります。

さらに太陽光発電装置のシステムも安価になってきており、今後は住宅に太陽光発電装置のシステムを導入も増えてくると思われます。

それにくわえて太陽光発電装置のシステムを住宅に導入した場合、ある条件を満たしていれば最大で28万円ほど国からの補助金が出る場合もあるので、個人でも導入してみる価値は十分にあるといえますね。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。