太陽光発電でパワコンNO1は?


太陽光発電でよく耳にするのがこのパワコンです。
パワコンとはいったいなんなのでしょうか?

パワコンとはパワーコンディショナーの略です。
主な役割は、太陽の光のエネルギーで太陽光発電装置により発電した電気は直流電力となっています。しかし私たちが家庭で利用している電気は交流電力です。そうなると私たちが使える電力に変換する必要がありますね。
この変換を行ってくれるのが「パワーコンディショナー」(通称パワコン)のインバーター回路です。

このパワコンは、大きく分けて室内用と室外用があります。
室内のメリットは内部の電子回路を保護できることです。しかし騒音などの対策は必須になりますね。
室外のメリットは、交流から直流に変換する際に熱を発生するので冷却と言う面ではいいですし騒音も室内ほど気にする必要はありません。

ここで本題ですが、太陽光発電でこのパワーコンディショナーの変換効率NO1はどのメーカーかというとそれは「三菱電機」です。
シャープや三洋電機や京セラでも変換効率が約94%に対して、三洋電機は約97%と他メーカーを圧倒する変換効率を誇っています。パワコンも室内と屋外を選ぶことができます
しかし、ワット数当たりの価格で見ると三洋電機は一番高価となり、他メーカーよりも1.3倍くらい高価なのが残念なところです。

価格だけでいうならホンダソルテック製の太陽光発電装置がおすすめです。
しかしこのホンダソルテックの場合はパワコンが室外用しか選べないというデメリットもありますがそこは屋根をつけるなどの一工夫でのりきるのもありですね。

パワコンの室内室外が選べて、さらに接続箱機能を併せ持った製品で安価となるとやはり人気NO1のシャープとなりますね。
接続箱機能がついているとシステムが簡単になるというメリットがあるため、太陽光発電装置ではこのシャープの製品がとても人気があります。

どのメーカーもそれぞれの特色があるので購入の際は何を重視するのかを考えて選ばれるとよいと思います。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | メーカー・製品・取扱店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。