太陽光発電の耐用年数


太陽光発電で重要になってくることの一つに耐用年数が挙げられます。
エネルギーについては太陽光なので永久的に劣化することはありませんが、太陽光発電装置は機械なので当然耐用年数というのがあります。

太陽光発電システムの価格には当然保証と補償の価格も含まれているので、その補償内容がとんなものであるかは価格と同じくらい重要なことです。

太陽光発電システムの機能の保証期間や太陽電池モジュールの出力補償期間はおおむね10年となっていることがほとんどです。

ただしこれとは別に、保証はないが期待される寿命=耐用年数については、太陽光発電モジュールは20年以上あると言われています。
その他の機器の寿命は10年程度というのが一般的です。
とはいってもその寿命がくると全然電力を発電できないわけではありません。
発電の規格出力(10年後までに定格出力の81%以上)の発電量を保証するといっているので、定格出力が70%でも電力は発電できますので個人的には30年以上は軽く利用できると思っています。

またメーカーによっては20年・25年保証のメーカーもあり、この場合は20年から25年間で太陽光発電装置の取り付けにかかった費用の採算をとるようにすればいいということですね。

この25年で採算がとれる方式を採用しているのは、サンテックパワーです。
この場合の考え方は、25年後までの太陽光発電の発電量を定格出力の72%以上は保証しますということになります。

この結果から最低でも25年間は問題なく利用できるということですね。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | 収入・確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。