太陽光発電での確定申告について


太陽光発電装置を利用しても発電も電気を発電して収入を生み出しているので確定申告は必要になってくるのか?という疑問が出てきますよね。
私は実際に太陽光発電装置を自分お自宅に取り付けを考えているのでこれは知っておく必要がありあます。
とはいっても、この類の話になると私もたまに頭が痛くなることがあるのですが、税金というのは国のシステムで義務ですので少し調べてみました。

まず太陽光発電装置を利用で収益を得た場合は、雑所得となり課税の対象となるので確定申告の対象となります。

太陽光発電の確定申告についてわかり詳しく説明しているサイトです。
http://ameblo.jp/mixturet/entry-10449850338.html

太陽光発電装置を利用しての収入も雑所得となると言うことは、私のようにサラリーマンであれば年間20万円以上の収入があれば課税の対象となります。
まあ太陽光発電のみの収入で、20万円の収入を超えることはほとんどないので、その場合は確定申告のことあ考えなくてもいいでしょうね。

しかし注意しなといけないことがあります。
雑所得は、副業でFXや株などをしていてそれで得た収益がある場合は、その収益と太陽光発電との収益を足した金額が20万円以上になると課税の対象ということです。

他に収入源があって、どうしても納税をしたくないと言う方もいらっしゃると思います。
そうゆう方で専業主婦の妻がいる場合であれば、雑所得は年間36万以上にならなければ対象にならないと言うことなので、その収益を得ている人を妻にすることができれば課税の対象にはならないというわけですね。

実際にこれが出来るがどうかはまだわかりませんが、今後調べてまた報告します。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | 収入・確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。