太陽光発電はプロジェクトファイナンスで普及する


最近は再生可能エネルギーの一つとして注目を浴びているのが「太陽光発電」です。
世界では太陽光発電は普及が進んでおり、2009年初頭から稼働を開始した、ポルトガル内陸部の世界でも一番日照量が多い地域に位置するAmper Central Solarは、46MWの発電能力も持っており世界最大の太陽光発電施設です。

このように世界では巨大な発電能力をもった太陽光発電施設が建設されているのですが、我が国「日本」ではすこし遅れをとっているのが現状です。
その原因としては、太陽光発電は広大な土地が必要となるため国土の小さい日本では普及しにくかったことが一つ挙げられます。

とはいっても今後は再生利用可能エネルギーの普及が必要不可欠であるのは事実です。
その普及に人肌脱いでいるシステムがプロジェクトファイナンスです。
詳しくは説明しませんが、簡単に言うと事業の計画・経済性等がしっかりしていればそのプロジェクトに投資をつのり、その資金をもとにプロジェクトを推進するシステムです。

プロジェクトファイナンスについてはこちらを参照ください。
http://mwords.jp/w/E38397E383ADE382B8E382A7E382AFE38388E38395E382A1E382A4E3838AE383B3E382B9.html

このプロジェクトファイナンスが日本でも導入する企業が出てきており、最近では三菱電機がこのシステムを利用して太陽光発電事業の普及をおこなっています。
太陽光発電はこれからは必要不可欠の設備ですので、今後はどんどんこのシステムを利用して参加する企業も増えてくると思われます。

このような事業の計画・経済性等がしっかりしている事業への投資ができるようになると、会社の信頼性ももちろん大事ですが、そのプロジェクト自体に魅力を感じれば投資を出来るのでシステムですので、今後魅力的なプロジェクトが出てきた場合は小さい企業でもこのプロジェクトファイナンスを利用して急成長する企業も出てくるかもしれないですね。

このシステムが普及して、太陽光発電事業もどんどん拡大しすべての電力を再生可能エネルギーでまかなうことができることを願っています。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。