シャープ製の太陽光発電装置は停電時でも大丈夫


太陽光発電の魅力は何といっても自分の家で発電が出来ることですよね。
最近友人がシャープ製の太陽光発電装置 サンビスタを購入しました。



友人は、これで停電になっても安心だ。と喜んでいました。

しかし、本当にそうなのでしょうか。
実際は停電になったときは、太陽光発電装置も利用することができません。
なぜなら太陽光発電の分電盤に電気が流なくなるためコンセントまで電気が流なくなるためです。
なぜ分電盤に電気を流ないようにしているかと言うと、太陽光発電装置で発電した余剰電力が電柱まで利用していない電気が流れ出てしまい、停電を修理するためにやってきた電力会社の方の修理の妨げの防止ためのようです。

これだけ見てしまうと停電時には使えないのか。
とがっかりしてしまう方もおられるかもしれませんが、シャープ製品ではパワーコンディショナーの「自立運転モード」という特別な機能を使うことで停電時でも利用できます。
その条件は、太陽光発電装置が発電できる状態にあることです。
これを満たしていれば、システムの専用のコンセントから最大で1500Wまでの電気を利用することが可能です。

【シャープ製品の自立運転モードの詳しい説明】
http://www.sharp.co.jp/sunvista/jiritsu/

ただこの場合ですと、昼間の太陽が出ている時しか電気を利用できないので不安が残ります。
夜でも安定して電力を供給したいなら蓄電装置のついた太陽光発電装置が必要になってきます。私も停電の時のために買ってます。




この蓄電装置がついた太陽光発電装置であれば燃料もいらないし持ち運びも出来るので、本当の意味で停電時に役立つ代物だと私は思っています。
本当に停電時の準備を考えている方は検討してみてはどうでしょうか?
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。