太陽光発電装置nd-163awはお得?


太陽光発電装置は各メーカーからいろいろな種類のやつが販売されてます。
太陽光発電装置を選ぶ上で重要な点は2つあります。

1つ目は「ワット当たりの価格」です。
太陽光発電モジュールのコストを比較するのに単価を比べても意味がありませんからね。

2つ目は「面積あたりの発電量」です。
大阪や東京では住宅の屋根が小さいため変換効率が高い方が有利であり、製品としての発電量は最も重要であるからです。

私の場合は住んでいるのが首都圏ではなく長野の方に住んでいるのでどちらかといえば、価格が安いことが大前提となります。

そうなると、必然的に住宅用の太陽光発電装置でワット当たりの価格が一番安いシャープを選ぶことになります。
シャープの太陽光発電モジュールにもいくつか種類があります。
私の場合、家は切妻・陸屋根対応のものなのでND−191AW、ND-163AW、ND-160AW、ND-160AWこの4つの中から選択することになります。

この4を比較すると下記のようになります。
  品番    価格   円/W  最大出力  u/W  モジュール寸法(mm)
ND-191AW :92190円 483円  191W   144W   1318×1004×46
ND-163AW  :75180円 461円 163W 141W 1165×990×46
ND-160AW  :73710円 461円  160W   139W   1165×990×46
ND-153AW :67200円 439円  153W   133W   1165×990×46

こう比較してみるとわかるのですが、ND-191AWが長期的に太陽光発電で電力をまかないたい場合はこれが一番発電量が多く、30年利用すると考えると簡単に差額を取れるのでいのですが、私の家では少し大きくて取り付けることが出来ません。(残念)
そうなってくると、やはり一番いいのはND-163AWが一番コストパフォーマンスが良く、発電性能が高いのでこちらを購入しますね。
この4つの中では私にとってはND-163AWが一番お得だと言えますね。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | メーカー・製品・取扱店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。