シャープは太陽光発電でのシェアはどのくらなのか


最近は太陽光発電が注目を浴びていますが、実際現状でのソーラーパネルメーカーシェアは一体どのような感じになっているのでしょうかexclamation&question

という疑問のにお答えして、今回は日本国内での太陽光発電市場のシェア関係を調べて見ましたるんるん

まず日本国内では、1位はやはり「シャープ」でした。第2位は京セラで、第3位は「三洋電気」(パナソニック)、第4位は「三菱電気」、
5位はなんと昨年太陽光発電池生産でシェア世界1位に超躍進した中国の「サンテックジャパン」でこれらの5社が日本の太陽光発電市場のシェアを占めていますひらめき

調べてビックリしたのは、中国のサンテックジャパンは太陽光電池生産ではシェアが世界1位だという事実ですねexclamation×2

日本での太陽光発電装置のシェアのベスト5位は判明したのですが、なぜこの順位なのか気になりませんか。

そこでさらにそれぞれのメーカーソーラーパネルの特徴を調べてみました。

シャープはやはり価格の安さと品質の良さが売りのようですわーい(嬉しい顔)
京セラはいろんな屋根に対応出来るデザイン性がうけているようですアート
三洋電気パナソニック)は価格は高いが発電量の高さが売りです右斜め上
三菱電気ソーラーパネルではなくパワコンでの性能でアップで変換効率を大幅に上げており三洋電気より安く購入出来るのが売りのようですグッド(上向き矢印)
最後の中国のサンテックジャパンは何といっても
25年の出力保証が付いているところでしょうね。他メーカーは出力保証が10年ですので差は歴然ですexclamation×2
これからのソーラーパネル市場での動向が気になりますねるんるん

さらに下位のメーカーについて調べてみると、独自の技術力をもった中小の日本のソーラーパネルメーカーやアジアなどの海外のメーカーなども参入していることが分かりましたひらめき

その中でも注目を浴びていたのは、今春から参入してきたドイツの大手ソーラーパネル会社の「Qセルズ」ですexclamation
このドイツの「Qセルズ」は価格は上記の5社と比べてもダントツに価格が高いが、雪国などでも使用できるよう耐久性の高い商品が多いのでこれから雪国である新潟や長野、東北、北海道では売上を伸ばしてくると考えられます。

来年のソーラーパネルシェア関係がどのような感じになっているか楽しみですねるんるんるんるんるんるん
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | メーカー・製品・取扱店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。