太陽光発電を自作でベランダにつくるシステムを考えてみる


アパートやマンションなどに住んでいて、ベランダで小規模な太陽光発電を楽しみたい方も多数おられると思います。

今回は、太陽光発電自作してベランダにつくる場合のシステムである「独立型太陽光発電システム」について考えてみたいと思います。

太陽光発電 ベランダ 自作

住宅の太陽光発電システムを分類するときの重要な用語に、「独立型システム」と、「系統連系システム」があります。

独立型と言うのは、その言葉の通り、電力会社と電気のやりとりをしないで太陽高発電で電気だけでシステムが完結しているものです。

例でいうと、太陽光発電パネルと電気器具が接続されているだけで、他にはどこにもつながっていないシステムを指します。

これに対して「系統連携型システム」と言うのは、 太陽光発電のシステムが、電力会社の電線と接続(連携)されている場合を言います。
これによって、電力会社との間で電気のやりとり(売買)をおこなう事ができます。
売電については今後詳しく説明していきますので、今回は説明は省きます。

まずは、太陽光発電自作してベランダにつくるシステムとしては、独立型太陽光発電システムがお手軽で簡単なので、そちらを利用したシステムで作成していくのが良いですねひらめき

今後は独立型太陽光発電システム自作をメインに紹介していきますね。

次回は、太陽光発電自作ベランダに付ける場合に必要な部品について詳しく紹介していきたいと思いますグッド(上向き矢印)
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。