太陽光発電の外灯を選ぶ


最近はたくさんの太陽光発電の商品が出回っています。
私の身近なモノで言えば、ソーラー電卓や世界発のソーラーパネル搭載した携帯電話がAU/KDDIからも発売されました。

私の場合は、自動車にはバッテリー上がりを防止するために充電を補助する太陽光電装置を取り付けて利用したりしていますねわーい(嬉しい顔)

バッテリー上がりが解消!!【充電/バッテリーチャージャー/ソーラー/DC12V/逆流防止回路内蔵/...

これを付けていると車を止めていてもバッテリーを充電してくれるのでとても重宝していますね。
これをつけてからバッテリー上がりがなくなりました手(チョキ)

太陽光発電 外灯

これからの季節はエアコンを使用してバッテリーには負担がかかりますが、これを付けていれば安心です。
ここれからの季節にはオススメですひらめき

最近私は趣味でガーニングをはじめました。
祝日の日は朝から世話を出来るので問題ないのですが、平日は仕事があるので明るい時間帯にガーデニングをで植えた花たちの世話をすることができませんもうやだ〜(悲しい顔)

おまけに真っ暗だと私がケガをすることもあるので、今までは、頭に付ける快LEDライトを付けて世話をしていました。

とはいてもやはり毎回装着するもの面倒ですし、きつくすると頭の血流が悪くなって気持ち悪くなったりするし、ゆるめるとかがんだ時に落ちてくるなども不便を抱えながら作業していました。

そのんな時に出会えたのが、太陽光発電を利用した外灯ですひらめき
この太陽光発電外灯は電源も必要なく、コードも不要のため転ぶ心配がありません。

しかも昼間の間充電しておいてくれるので電気代はダダ
設置は花壇に埋め込むだけというシンプルさ。
LEDライトを使用しているので寿命が長い。もういいことづくしですねわーい(嬉しい顔)

スチールLEDソーラーライト3本セット今ならレビューで4480円→3980円お庭のエクステリアとして...

早速購入したのですが、やはり頭に付けていたLEDライトを利用していた時よりも格段に楽になったので大満足していますわーい(嬉しい顔)

他にも太陽光発電を利用した外灯はたくさんありますのでその一部を紹介しますね。
続きを読む
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電専門リサイクルショップを紹介!自作派には耳寄り情報中古買取あり


太陽光発電装置の自作キットでの訪問が沢山あったので、
今回は自作派には耳寄りの情報を紹介したいと思いますグッド(上向き矢印)

太陽光発電装置でお金がかかっている部分ってどこだと思いますが。
パワーコンディショナーでしょうか。それとも太陽光発電用ソーラーパネルでしょうか。

まあ結論から言うとどちらもお金お金がかかってしまいます。

しかし、もしパワーコンディショナーや、太陽光発電用ソーラーパネルがリサイクル商品として中古で手に入るとすればどうでしょうかexclamation×2

いま予算がなくて指を加えて見ている方でも購入することも可能になるわけですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

太陽光発電専門リサイクルショップを紹介!自作派には耳寄り情報中古買取あり.jpg

そんな夢を叶えてくれるのが、国内初の太陽光発電装置の中古買取を専門に行なっているサイト太陽光発電リサイクルセンター」です。

太陽光発電リサイクルセンターHP
http://www.pvrecycle.com/Category.2.aspx

商品としては、大型のソーラーパネルから中型・小型のソーラーパネルの中古を取り揃えています。
そのほか、独立型(蓄電装置付き)システムの機器である、チャージコントローラーやバッテリー、DC/ACインバーターや設置に必要な部材なども販売しています。
さらに、直流12V用の機器なども取り揃えているので太陽光発電装置なら一通り手に入れることが出来ます手(チョキ)

もちろんすべてリサイクル(中古)のパーツなので格安でするんるん

中古ならヤフオクとかでもいのではと思う人も居るかもしれませんが、ここの売りはやはり専門店で行なっているので知識と経験が豊富でアドバイスがもらえる点、そしてアフターフォロー保証がしっかりしている点が挙げられます。
販売元や保証を重視する方にはこの太陽光発電リサイクルセンターはおすすめです。

他にも、太陽光発電自作キットなどを格安で購入したい場合はこちらもおすすめでするんるんるんるんるんるん続きを読む
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャープ製の太陽光発電装置は停電時でも大丈夫


太陽光発電の魅力は何といっても自分の家で発電が出来ることですよね。
最近友人がシャープ製の太陽光発電装置 サンビスタを購入しました。



友人は、これで停電になっても安心だ。と喜んでいました。

しかし、本当にそうなのでしょうか。
実際は停電になったときは、太陽光発電装置も利用することができません。
なぜなら太陽光発電の分電盤に電気が流なくなるためコンセントまで電気が流なくなるためです。
なぜ分電盤に電気を流ないようにしているかと言うと、太陽光発電装置で発電した余剰電力が電柱まで利用していない電気が流れ出てしまい、停電を修理するためにやってきた電力会社の方の修理の妨げの防止ためのようです。

これだけ見てしまうと停電時には使えないのか。
とがっかりしてしまう方もおられるかもしれませんが、シャープ製品ではパワーコンディショナーの「自立運転モード」という特別な機能を使うことで停電時でも利用できます。
その条件は、太陽光発電装置が発電できる状態にあることです。
これを満たしていれば、システムの専用のコンセントから最大で1500Wまでの電気を利用することが可能です。

【シャープ製品の自立運転モードの詳しい説明】
http://www.sharp.co.jp/sunvista/jiritsu/

ただこの場合ですと、昼間の太陽が出ている時しか電気を利用できないので不安が残ります。
夜でも安定して電力を供給したいなら蓄電装置のついた太陽光発電装置が必要になってきます。私も停電の時のために買ってます。




この蓄電装置がついた太陽光発電装置であれば燃料もいらないし持ち運びも出来るので、本当の意味で停電時に役立つ代物だと私は思っています。
本当に停電時の準備を考えている方は検討してみてはどうでしょうか?
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電はプロジェクトファイナンスで普及する


最近は再生可能エネルギーの一つとして注目を浴びているのが「太陽光発電」です。
世界では太陽光発電は普及が進んでおり、2009年初頭から稼働を開始した、ポルトガル内陸部の世界でも一番日照量が多い地域に位置するAmper Central Solarは、46MWの発電能力も持っており世界最大の太陽光発電施設です。

このように世界では巨大な発電能力をもった太陽光発電施設が建設されているのですが、我が国「日本」ではすこし遅れをとっているのが現状です。
その原因としては、太陽光発電は広大な土地が必要となるため国土の小さい日本では普及しにくかったことが一つ挙げられます。

とはいっても今後は再生利用可能エネルギーの普及が必要不可欠であるのは事実です。
その普及に人肌脱いでいるシステムがプロジェクトファイナンスです。
詳しくは説明しませんが、簡単に言うと事業の計画・経済性等がしっかりしていればそのプロジェクトに投資をつのり、その資金をもとにプロジェクトを推進するシステムです。

プロジェクトファイナンスについてはこちらを参照ください。
http://mwords.jp/w/E38397E383ADE382B8E382A7E382AFE38388E38395E382A1E382A4E3838AE383B3E382B9.html

このプロジェクトファイナンスが日本でも導入する企業が出てきており、最近では三菱電機がこのシステムを利用して太陽光発電事業の普及をおこなっています。
太陽光発電はこれからは必要不可欠の設備ですので、今後はどんどんこのシステムを利用して参加する企業も増えてくると思われます。

このような事業の計画・経済性等がしっかりしている事業への投資ができるようになると、会社の信頼性ももちろん大事ですが、そのプロジェクト自体に魅力を感じれば投資を出来るのでシステムですので、今後魅力的なプロジェクトが出てきた場合は小さい企業でもこのプロジェクトファイナンスを利用して急成長する企業も出てくるかもしれないですね。

このシステムが普及して、太陽光発電事業もどんどん拡大しすべての電力を再生可能エネルギーでまかなうことができることを願っています。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全世帯を太陽光発電化は出来るのか


最近は東北大地震の影響で、太陽光発電が脚光を浴びています。
いずれは全世帯が太陽光発電装置で電気をまかなえるようになれば今回のような放射線の問題はなくなるので早急に普及して欲しいお願っています。

私も将来はマイホームに太陽光発電装置を取り付けエコな生活を送りたいと考えていますので太陽光発電について勉強をしておる最中です。

太陽光発電導入については、2009年1月から「住宅用太陽光発電 導入支援対策補助金」(7万円/kw)として支給される法案が施行されました。
しかしこの補助金は毎年度の政府の予算に依存するので、いつ打ち切りになるかはわかりませんが、2011年5月段階ではまだ補助金は出ています。

さらに2009年11月からは、余剰電力を売電料金の2倍のコストとして、余剰電力を買い取る制度が始まりました。24円/kWhを従前の電力コストとして、余剰電力を、一般住宅の場合は48円/kWhで、工場や事務所などは24円/kWhで10年間、電力会社が買い取るというものです。
この上乗せした金額は2011年度から、電力を利用している全世帯から太陽光発電促進付加金として0.03円kWhを徴収してまかなわれています。
(この太陽光発電促進付加金は太陽光発電装置を利用している人も、していない人も支払います。)

この2つの対策によって2009年の太陽光発電の導入が多くなるかと思われましたが普及率は1.5%と少なめでした。
原因は太陽光発電装置の価格と元が取れるまでに最低でも15年程かかってしまうことなどが挙げられます。
しかし今後は以前とは状況が異なるので、一気に普及が広まるかもしれません。
私の予想では、10年後には太陽光発電の装置の価格もやすくなり、住宅に標準で装備している世帯が増えていくと思っています。
だから15年後くらいには全世帯で太陽光発電装置を利用しているのではないかと勝手に思っています。未来のためにも早く全世帯に普及してほしいものです。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電はクーリングオフ適用できるの


近年では、悪質は訪問販売などによる消費者の被害が急増したため、「特定商取引法」及び「割賦販売法」が改正強化されました。(2009年12月施行)

それでもこの手の被害は後を立たないのが現状のようです。
私の知り合いの話なのですが、3.1kwhの太陽光発電能力を持つ装置を訪問販売の方から購入したそうです。
家に太陽光発電装置が設置されてあとは電力会社との契約のみの状態というところで見せたいと連絡があり、私も太陽光発電の装置をゆくゆくはマイホームに付ける予定ですのでわくわくしながら見に行きました。

気になるのはやはり値段ですよね。
早速聞いてみると、価格は250万円で購入したそうなのです。

私はいろいろ勉強していたので、「この価格だと補助金でないけど購入を決めたんですね。」と訪ねてみるとその友人は、太陽光発電協会から『交付決定通知書』を受け取っているので国からの補助金がでているというのです。
普通に考えればおかしいですよね。
国の補助金は1kwhあたり65万円以下でなければ支払われないことになっているので201万5千円以上だと国からの助成金は支払われないはずなのです。
なのに支払われていると言うことは何か余分なものを買わされているとしか考えられませんでした。そのことを友人に話してみると浄水器を購入したら補助金が出るのでこちらおも購入してくださいといわれてそれも一緒に購入したようです。
国の助成金には全く関係ないものまで売りつけられたしまっていたのです。

これは明らかに「公文書偽造」になるので友人は専門家に相談しました。
するとこのケースの場合は、クーリングオフは可能なようです。
とはいってもかなり専門的な知識と時間がかかるそうで、クーリングオフはできるとはいえかなり時間がかかっており今も協議しているそうです。
明らかに業者側に悪意が場合は基本的にクーリングオフは可能ですが、業者もそう簡単には認めないのでこのケースの場合は時間がかかっているようです。金額も大きいですからね。
やはり購入する際は自分でとにかく調べてから購入することをおすすめしますね。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電用蓄電装置のおすすめは


太陽光発電の住宅に取り付けるタイプでは基本的に蓄電の装置は付いていないものがほとんどです。
なぜなら、太陽光発電で余った電力は電力会社が買い取ってくれるので、わざわざ備蓄しておくなら電力会社に売電価格の42円/kwhで売ってしまうからです。

日常生活している場合はそれでも問題ないのですが、停電や天災で電気の供給がストップしてしまった時はやはり蓄電装置がないと電力を賄えないため困ってしまいます。

最近では東北大震災の影響もあり蓄電型の太陽光発電の装置にたくさんの方が目を向けています。私もその中の一人なのですが、すぐに住宅用の屋根に取り付けるタイプのモノを購入しようとなると200万から300万円はかかってしまうのですぐには購入できないのが現状だと思います。

さらに2009年の調査では個人の太陽光発電の普及率は1.5%ほどと言われています。
やはりこの背景の原因は、太陽光発電装置が高額であることと、元を取るまでに10年以上もかかってしまうため考えられます。
国も補助金などの助成金制度を設けていますが、なかなか普及していないのが現状です。

ここで少し考え方を変えて電力を売電して元を取るのではなく、家で使う電力のみを太陽光発電の蓄電装置で補って電気代を安くする。ということであれば、もっと安い金額で太陽光発電の蓄電装置を手に入れて利用できます。
もちろん蓄電装置がついているので停電や天災でも問題なく電気を供給できます。
最近では私のわがままな願いを叶えてくれる蓄電装置が発売されています。



やはり夢は屋根に付ける太陽光発電に蓄電装置を付けたモノを取り付けたいですが、金銭的な理由でこちらを利用して一部の電力をまかなうというのも有りだと思います。
災害に備えておくのは自分や家族を守るためにも必要なことだと思いますので、今私も購入を検討しているところです。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電の長所


今回は太陽光発電の長所について考えてみたいと思います。
太陽光発電の長所を簡単に上げてみると、
・燃料が不要であること。
・光がある限り永久的に電気を発電し続けることができる「無限エネルギーの源」であること。

他にも風力や地熱、波力、潮力エネルギー、バイオマスエネルギー、塩分濃度差などの発電方法がありますが、これらをまとめて再生可能エネルギーと呼ばれます。
枯渇しないエネルギーが上記の再生可能エネルギーと考えてもらえればいいと思います。

その反対に、天然ガスや石油、石炭などの化石燃料や、ウランなどの核燃料などは枯渇性エネルギーと呼ばれます。
この枯渇性エネルギーについては石油で後40年、石炭で後133年、天然ガスで後60年、ウランは後100年で枯渇すると言われています。(日本原料ホームページより参照)

やはり太陽光発電の最大の長所は無限のエネルギーであるというところです。
しかも燃料が不要なので特別な化学的反応は一切起こらないので環境への負担も少ないといえます。
石油や石炭、天然ガスを利用した場合どうしてもエネルギーを発生させると同時に二酸化炭素などの温室効果ガスを発生してしまうので地球の温暖化にも影響を与えてしまいます。

このような点から考えても太陽光発電には長所の方が大きく、これからの代替エネルギーとして利用されていくことは間違いないです。

現在では、ソーラカーや電卓、携帯電話、街灯、人工衛星、飛行機、船、住宅、企業の大型施設といろいろな分野で利用されてます。
今後の未来の地球環境のためにも私は自宅にこの太陽光発電装置を取り付けたいと夢見ています。
夢を現実にするためこれから沢山のことを学んでいこうと思います。

その学んだこと役立つ情報をまたここで、紹介していきたいとおもいます。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電の導入件数ランキング


太陽光発電が代替エネルギーとして見直されていますが、実際日本ではどのくらいの導入件数なのかきになりますよね。

そこで日本での太陽光発電の導入件数を調べてみました。

一番導入件数が多かったのは大阪府で2171件、
2位は東京都で2067件
3位は愛知県で1771件
4位は埼玉県で1610件
5位は福岡県で1457件となっており、
導入件数だけでみればやはり電力消費の多い首都圏で沢山太陽光発電の装置が導入されていることがわかります。

逆に太陽光発電設備の導入件数が少なかったのは、
1位は秋田県で62件
2位は石川県で69件
3位は青森県で96件
4位は鳥取県で105件
5位は山形県で143件となっていました。
秋田県は日照時間が全国でも一番低い地域ですので太陽光発電の装置の導入件数が少なくなったと考えれます。
他の4県についても同様に全国的には日照時間が平均よりも短い地域となっていることがわかりました。

とはいっても日照時間が短くても太陽光発電の導入が少なかった地域が太陽光発電に向いていないわけではありません。
首都圏では一戸あたりの面積を大きくとれないので発電量は小さくなります。
しかし日照時間の少ない地域は一戸あたりの面積を首都圏の倍以上取ることも可能なので、もしそれができれば太陽光発電での発電量は日照時間の短い地域でも首都圏での発電量を上回る事だって可能になるわけです。

なので太陽光発電を自分のマイホームに導入する際は一戸あたりの面積も購入判断の一つに上げて検討するとよいとおもいます。

今回の太陽光発電の都道府県別導入件数ランキングは「太陽光発電設備導入情報:太陽光発電協会/JPEAの2008年上半期のデータ」を参考にしています。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電は代替エネルギーとなりうるか


最近は東北大震災の影響で原子力に変わる代替エネルギーが注目をあびていますが、その中でも私たちの一番身近にあるのが「太陽光発電」です。

太陽光発電は自然のエネルギーを利用して発電するため非常に危険性の少ない発電方式であるといえますね。そのため身近な電卓や車、住宅や施設や工場のあらゆる場所で利用させています。

なぜ今太陽光発電が代替エネルギーとして注目を集めているかというと、再利用可能エネルギーの中では太陽光が一番最大であり、これに続き風力が続くのですが、太陽エネルギーは人間が消費するエネルギーに対して約4000倍のエネルギーを地球にもたらしています。となるとそのエネルギーを利用しないのはもったいないですよね。このような理由から太陽光発電は代替エネルギーとして注目される最大の理由ですね。

これらの再利用可能なエネルギーに共通していることは、環境的な負荷がなく非常にクリーンなエネルギーであることです。

このような背景から世界で太陽光発電は代替エネルギーとしても注目を浴びています。
日本でも太陽光発電の実用化をどんどん進めていますし、導入のために電力会社がこの太陽光発電で発電した電力を買い取りする仕組みも整備されつつあります。

さらに太陽光発電装置のシステムも安価になってきており、今後は住宅に太陽光発電装置のシステムを導入も増えてくると思われます。

それにくわえて太陽光発電装置のシステムを住宅に導入した場合、ある条件を満たしていれば最大で28万円ほど国からの補助金が出る場合もあるので、個人でも導入してみる価値は十分にあるといえますね。
posted by 太陽光発電を自作で格安で取り付けた秘訣 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。